くっち日記

子猫くっちの日々の記録

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くっち海を渡る

今日、くっちが無事に里親さまのもとに行きました。
幸せになるために青く広い海を渡って・・・

長かった1日を記録しておきたいと思います。



●6:30 起床
朝焼け

これから20時間キャリーに缶詰になるくっちを出来るだけぎりぎりまで遊ばせるため、早起き。朝焼けがきれいで切なくなる。

プレイキャットミニ

ここずっとお気に入りのプレイキャットミニでおおはしゃぎ。

ロッカもちょこっとだけ参戦。
ロッカ参戦


●8:30 ご飯
いつもより少なめに(トイレも行けないため)子猫用缶詰を半分。
その後また遊ぶ。
プレイキャットミニ


●9:15 9:35の電車に乗るため、一旦ケージにもどす。
なでなでしてキャリーに入れようとすると何かを感じたのか大暴れ! 飛び出して全力疾走でしっぽの部屋へ。その後もなかなかつかまらずあせる。時間がない・・・。キャリーの入り口がまた慣れないファスナー形式なので、閉めようとする間にほんの少しの隙間から飛び出てしまう。怖がって逃げ回るくっちに「ちょっとのしんぼうだからね。」と謝って力ずくで押し込める。冷や汗と涙がでる。

●9:35 電車に乗る。
駅までは大きな声で鳴いて暴れていたが、電車に乗ると静かになる。
そっとのぞくと小さく震えていた。怖い思いさせてごめんね。大丈夫だからね。

●9:45 電車乗り換え。
来た電車がとても混んでいたので1本やり過ごして次の電車に乗る。
ホームでくっちをのぞいたら、不安そうな顔で見上げていた。
その顔を見てすでに涙。車両の隅で、キャリーをずっと抱えて外からなでていた。

●10:15 成田エクスプレスへ乗り換え(10:30発)
Sさん、くっち兄弟がしばらくの間乳母をしてもらっていたサビママと合流。
キャリーケース同士を向かい合わせにすると呼び合っているように交互になく!
サビママ


くっちも身を乗り出している。
成田エクスプレス


サビママもキャリーに入れるときに抵抗したようだが、2にゃんともに仲間がいることで気持ちがとても落ち着いた様子。よかった・・・本当によかった。そのまま成田エクスプレス内では落ち着いている。

●12:00 成田空港到着 検疫
里親さんになってくださるhitominekoさんと合流、動物検疫へ。
空港内はすいていたが、検疫は人の出入りが多く混んでいた。

必要書類を提出してからまずはサビママの診察。
検疫

お腹が張っているとのことで、少々心配・・・でも無事クリア。

次にくっち。興奮していたのでキャリーの中で診ていただく。
少々心臓がドキドキしているけれども、呼吸は安定しているので大丈夫とのこと。ほっとする。
不安そう

不安そうなくっち。だいじょうぶだよ、と言い聞かせる。

検疫内でサビママと一緒のキャリーに移す。また暴れないかと心配したが、キャリー同士をくっつけて後ろからくっちのおしりを押すと、サビママの方に歩いて行って、くっついた! サビママもわが子を見るかのような優しい目。なんて母性の強い猫さんなんだろう。
サビママと一緒

その後もキャリー内で2にゃんはずっと仲良く寄り添って、1匹ずつのときよりずいぶん安定した様子になった。サビママと一緒で本当によかったね、くっち。
live cat


●13:00 hitominekoさんチェックイン手続き。
検疫もチェックインも済んで、3人&2匹ロビーで搭乗までの時間待ち。

お話の合間に私はキャリーにそっと手を入れてくっちをなでていた。
くっち出発前

こんなくっちの目を見て号泣してしまった。
おそらく昨日の成田空港では恋人同士の別れよりも私が一番泣いていただろう・・・
くっちを幸せにしてくださるhitominekoさんに申し訳ないので泣いてはいけないとしっぽに散々言われてきたけれどもやっぱりだめだった。

●14:30 hitominekoさんがサビママとくっちを連れて搭乗口へ。
ねんね

日本で最後に見たくっちは、サビママの背中にあごを乗せてうとうとしているくっちだった。

いよいよお別れ。涙がまたどっと出る。hitominekoさんが「だいじょうぶですよ!」とハグして下さる。Sさんの目にも大粒の涙。サビママのこともくっちのことも保護元でずっとお世話をしてくださった方だ。どんなにお別れが辛いだろう。
hitominekoさん搭乗口へ


くっち、世界一幸せになるんだからね。必ず会いに行くからね。
サビママ、くっちのこと、よろしくね。
hitominekoさん、どうかどうかよろしくおねがいします。

掲示板

くっちひとり最後まで面倒を見てあげられなかった自分が情けなくて情けなくて、どうしようもない気持ちになる。

●15:00 展望デッキ
hitominekoさん、サビママ、くっちの乗る飛行機を見送る。
nwa

9時間半のフライト、どうか無事でゆれないように。

●15:13 成田エクスプレスで帰途に着く
Sさんが、秋に命君おかっぱちゃんが渡米したときと同じメニューで縁起を担ぎましょうとビールとお寿司を買ってくださる。
縁起を担いで

本当にありがとう。

●18:00 帰宅
駅を降りたら、朝焼けと同様、まれに見るきれいな夕焼けが。
夕焼け

幸せの暗示だね。

ぽっぽロッカは私のベッドで寝ていた。お留守番ありがとう。
くっちのいないケージを見るのは辛いのですぐに片付けようと思っていたが、頭痛がひどくてできなかった。
くっちのお皿を洗っていてまた涙。今頃どのあたりを飛んでいるのかな。ないていないかな。

●0:00 飛行機の到着時間をネットで調べる。
日本時間で0:53着となっていた。少々遅れ気味。1分でも早く着いてほしい。携帯の世界時計を見てばかり。アメリカは朝なんだね。
世界時計


●4:13 hitominekoさんから電話。
無事に着いて、サビママくっちは今、子猫部屋に隠れていますとのこと。
くっちは空港からの車の中でご飯も食べたと伺ってさらに安心する。
これで少し眠れるかな・・・。
hitominekoさん、くっち、サビママ、長旅、本当にお疲れ様でした。



取って来いのできるおりこうさんのくっち、声なしにゃおのできるくっち、頭をなでると目をつぶってなくくっち、背中がかわいい水玉模様のくっち、どうかずっとずっと元気で。
取って来い

ぽっぽおねえちゃん、ロッカおねえちゃんのことも覚えていてね。
お気に入りのショット

37日間、うちの子でいてくれてありがとう!
新しいお母さんお父さんの言うことをよく聞いて、お姉ちゃんお兄ちゃん猫さんとも仲良くね。
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2007.02/01 16:08分 
  • [Edit]

 

にくきうさん、お疲れ様でした。
くっちちゃん、幸せの旅に出ましたね。
もう大丈夫。
きっとたくさんの仲間達と楽しく愉快に暮らしていくと思います。

楽しい時間を一緒に過ごせてよかったですね。
くっちちゃんもにくきうさん宅で、幸せな時間を過ごせてよかった。

切なくて寂しくて、だけど、おめでとう!

(;>_<;)ビェェン
  • posted by みやママ 
  • URL 
  • 2007.02/02 23:02分 
  • [Edit]

 

にくきうさんの思いが伝わってきて涙が。。。
くっちちゃんもサビママちゃんもこれからずっと幸せに暮らせますね~!
  • posted by あっちょ 
  • URL 
  • 2007.02/03 04:44分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2007.02/03 09:52分 
  • [Edit]

号泣しちゃいました~(TT▽TT) 

にくきうさん・・・・・くっちちゃんの旅立ち・・・
別れがどんなに辛かったことか・・・・
読んでいて声を出して泣いてしまいました・・・
1ヶ月以上も大事に育てたくっちちゃん!我が子との別れと同じ位辛いですよね・・・・
でもくっちちゃんは幸せになります!大勢の仲間達と伸び伸び暮らしていきますよ!
hitominekoさんが里親様で本当に良かったですね!くっちちゃんはにくきうさんやぽっぽちゃんやロッカちゃんのこと絶対忘れないですよ!愛してくれた人の事は絶対忘れない
です!私もくっちちゃんの幸せを心から祈っています!どうかお体ご自愛くださいね!
  • posted by ニャンママリン 
  • URL 
  • 2007.02/08 13:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ねこ時計

にゃらん

プロフィール

にくきう

Author:にくきう
no cat no lifeな猫おばさん。
湘南在住。


ブログに出てくる猫の紹介

●くっち

2006年12月25日~07年1月31日までうちの子
推定2006年9月1日生まれ 女の子
半長毛な美猫で性格も◎
インドネシア語の「小さい」kecil
(クチル)から命名

今はアメリカの里親さま宅で世界規模の幸せ中
アメリカでの新しい名前は「クッキー」


●先住猫 ぽっぽ 女の子 推定10歳

一人暮らしのおじいちゃんが老人ホームに入られるので一緒に暮らせなくなり、処分寸前でボランティアさんに救われ、縁あって家族に。(4歳の時)
自分を猫だと思っていないので猫は嫌い。(笑)


●先住猫 ロッカ 女の子 推定6歳

虐待にあい、後ろ足を複雑骨折しているところをボランティアさんに保護され、縁あって家族に。(2歳の時)
ぽっぽ以外の猫は嫌い。(汗)


最近の記事

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。